FC2ブログ

佐藤第一病院

特定医療法人 明徳会 佐藤第一病院

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

真網代くじらリハビリテーション病院訪問を終えて

7/30~7/31の2日間、愛媛県八幡浜市にある真網代くじらリハビリテーション病院様を訪問させて頂きました。
2015081207.jpg

2015081206.jpg

今回の訪問の目的は当院で推進している5S・TQM活動をご紹介することです。当院の活動に興味を持たれ、わざわざ講師にとご招待状を頂き、富井・豊田・小野の3名で職場の視察と講演会を行ってきました。
2015081202.jpg

2015081203.jpg

2015081208.jpg

2015081204.jpg

病院車(プリウス)も初めてフェリーで海を渡り、四国入り。四国の西北端から九州に向かって細長く伸びた佐田岬に到着。伊方原発や左右に見える絶景の海・風車を見ながら1時間半ほどで八幡浜市にある病院に到着。
病院の目の前は見渡す限りの海、そして裏山はみかん畑。まさしく愛媛を代表する絶景スポットでした。そのような景観で仕事をされているスタッフ皆さんの心遣いは粋で細やか。地域の中で必要不可欠な病院であることをひしひしと感じました。
2015081205.jpg

2015081201.jpg

5S活動をキックオフしたばかりとあって、悩みも多いようでしたが、当院の5年前を懐かしく想い出しました。非常に熱心なスタッフさんばかりで短期間で改革は進んで行くことでしょう。
今回の機会を得て、当院での活動の振り返りを行うことができ、当院でも更なる改革に着手すべきと決意しました。
今回このような貴重な機会を頂いたことに深く感謝申し上げるとともに、益々のご健勝を祈願致します。ありがとうございました。

リハビリテーション部 小野
スポンサーサイト
  1. 2015/08/12(水) 15:53:23|
  2. 講演
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

高校1年生の進路学習講師にお招き頂きました(^^)>

7月22日、大分県立宇佐高等学校の進路学習の講師として、当院から看護師、
MSW(社会福祉士)が招待を受けました。
~林MSWより~
高校生のみなさんへ、社会福祉士とは何か?どんな仕事をしているのか?私が目指したきかけは何か…病院での患者さまへの関わり方、院内外を繋ぐ仕事などについてお話しさせて頂きました。
また、「相談の専門職」である社会福祉士が、病院や地域、刑務所などで活躍している現状をお伝えし、目指したい仕事の一つに加わることが出来れば…と思いました。
高校で授業をするという機会を頂き、とても新鮮な気持ちになりました(^▽^)*°☆.*+。
2015073001.jpg

2015073002.jpg

~井ノ口看護師より~
授業前は、看護師の話しなのに『お父さんみたいな人が来てビックリするだろう』と少し不安でしたが、いざ話しを始めると興味津々な眼差しの生徒さん達。「あれも話したい」、「これも話したい」と話しているうち、あっという間に終了時間がきてしまいました。
生徒さん達に、看護の良さが上手く伝わったかどうか分かりませんが、これから進路を決める参考にしてくれたらと思います
(´▽`)ゞ。
2015073003.jpg

2015073004.jpg
  1. 2015/07/30(木) 19:09:36|
  2. 講演
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

私の生き方」講演を行いました

12月13日(金) 豊後高田市都甲小中一貫校『戴星学園』の人権教育講演会にて「私の生き方」と題して約30分の講演を行ないました。
2013122801.jpg

内容はこれまでの自分の経験してきた仕事や、進路を決定しなければならなかった時、どのように考えて解決してきたかを主体に話しました。
回復期リハビリ病棟で「患者さまのできることが増えることによりQOLが向上する」ことを実感したので、患者さまへ行った援助の内容と改善経過を説明し、看護師の仕事のやり甲斐について話しました。
また、震災避難所の事例や被災地域の避難者に対するQOL向上の方法・支援の大切さを説明しました。
社会人として挨拶など、大切だと思うことや、してはいけないことなどの事例を挙げながら、何事にもチャレンジすることの大切さを説明しました。
2013122802.jpg

対象は5年生(小学5年)から9年生(中学3年)のため、できるだけ興味がもて飽きないよう工夫はしてみましたが、小学生にはやや難しい内容だったのかもしれません。
ただ児童・生徒の皆さんの心に少しでも心に残ってくれればと思っています。
  1. 2013/12/27(金) 11:55:16|
  2. 講演
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2013年万国外科学会へ参加しました

この度、はるばる往復20時間かけてフィンランドのヘルシンキまで行ってきましたので、その感想をブログに投稿させていただきます。
8月25日から8月29日まで、2013年万国外科学会(ISW 2013)がヘルシンキにて開催されました。
094.jpg
この学会は1905年に外科医としては初めてノーベル賞受賞の栄誉に輝き、現在でも外科の手術には良く使用されているコッヘル鉗子に名前を残すテオドール・コッヘルが初代会長となり発足した歴史と伝統のある世界的な外科学会です。
2年に1度の頻度で開催され、2005年には南アフリカのダーバンで、2007年にはモントリオールで、2009年にはオーストラリアのアデレードで、2011年には横浜にて開催されています。
010.jpg
このうち私は、ダーバンと横浜での学会にも演題を発表し、参加してまいりました。今回は世界中から約3,000人の外科医が参加しました。
私の発表は、大変珍しい腫瘍である直腸カルチノイドを長年にわたり11例経験し、その症例を臨床病理学的に分析した結果を投稿したところ採用されたものです。
088.jpg
国際学会での発表にはその独特な緊張感を伴いますが、参加して嬉しいことは、いろいろな国の先生方と知り合えて、親しく接することです。
今回も旧知の先生方と再会でき、楽しいひと時を過ごしました。知識の吸収はもとより、明日への活力をも自らに注入できたと感じています。
また、ヘルシンキの町並は、清潔で、建築物にはその歴史を反映したものと思われるロシアの影響が色濃く表れていると感じました。
034.jpg

消化器・乳腺科医師 廣瀬 宣明
  1. 2013/09/06(金) 17:21:46|
  2. 講演
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

E-Quality MEETING in 宇佐

去る6月24日、ホテルリバーサイド宇佐にて、千葉先生(大分大学医学部 助教)が、「最近の糖尿病治療の動向」と題して特別講演され、当院姜副院長が座長を務めました。
糖尿病の治療では、5つのポイント
1.食事・・・低炭水化物の物を摂取する
2.運動・・・余暇を利用して運動する(激しい運動を毎日しなくても良い)
3.行動・・・体重記録をつける(日内変動で型が解る)
4.薬剤・・・BG剤中心
5.外科的処置・・・スリープ状胃切除術

20130808.jpg

日頃、体重の記録を患者さんに勧めているのは、単に意識付けだけではなく、その患者さんの型(高脂肪型、高塩分食型など・・・)を理解し、指導するためでもあるのだと実感しました。
また、大分県は恵まれていて、大分大学医学部付属病院にて外科的に手術も可能であることや当院からの患者も手術を受けていることを知り、身近に感じました。
大変解り易い解説で、非常に参考になりました。

   外来課長
               
  1. 2013/08/08(木) 08:23:21|
  2. 講演
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。