FC2ブログ

佐藤第一病院

特定医療法人 明徳会 佐藤第一病院

第22回日本病態生理学会に参加 - 2012/8/4 -

湯布院厚生年金病院で開催された第22回日本病態生理学会に「正常圧水頭症におけるシャント術後のADL改善に関する要因分析」というテーマで演題発表を行いました。
当院では、年間30~40症例の正常圧水頭症手術をしており、その効果検証とADL改善の要因分析した内容を報告しました。
20120807.jpg

学会は理学療法士だけでなく、医師や大学院の研究員の方も多数出席されており、発表後に多くの気づきを得ることができました。
日々の臨床結果を分析して学会などで報告することで、自分たちのプロセスを確認していくことは重要です。
今後もこの研究を進めていき、今以上に患者さまのADL改善に役立てられるよう取り組んでいきます。

正常圧水頭症は「治せる認知症」としても最近脚光を浴びています。
「歩き方がおかしい」「最近物忘れがある」「トイレが間に合わない」などの気になる点がありましたら、当院脳外科外来を受診されて下さい。

リハビリテーション部 藤原
  1. 2012/08/07(火) 12:33:45|
  2. 発表会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大分県呼吸療法研究会で演題発表を行いました - 2012/7/11 -

当院では、呼吸器サポートチームを設置し、呼吸器ケアの質の向上を図っています。
平成23年度からは「誤嚥性肺炎の予防に向けた取り組み」を重点課題とし、活動を行っています。
今回、ハビリテーション部理学療法士 岩野光さんが大分県呼吸療法研究会において、活動成果の報告を行いました。
201207111.jpg
質疑応答では、他院の医師や看護師から質問やお褒めの言葉を頂く事が出来ました。
201207112.jpg

今後もさらなる呼吸器ケアの質の向上を目指し、チーム医療の取り組みを継続していきます。

呼吸サポートチーム委員会 藤原
  1. 2012/07/11(水) 15:02:06|
  2. 発表会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第2回目の5S発表会を開催しました - 2012/5/17 -

山崎5S委員長の「5Sへの思い」の挨拶を皮切りに、5部署による発表会を開催しました。
2012051701.jpg
活動内容は盛り沢山。
前回の発表会とは比べ物にならない程に進化した5S活動内容、各部署の活動内容が自部門の活動にとても参考になるものでした。
2012051702.jpg
発表後の質問タイムでは、演者の皆さんそれぞれが5Sの必要性と継続の大切さを述べ、活動の真剣さを感じさせるものでした。
2012051703.jpg
「患者さまの満足度を上げ、職員も満足する病院」を目指し、今後も5S活動を継続していきたいと思います。

               5S委員・吉長

  1. 2012/05/23(水) 07:38:12|
  2. 発表会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第12回看護研究発表会の開催 - 2012/3/13 -

先日、第12回を数える看護研究発表会を開催しました。
5席の発表に部署それぞれの特色が出ていて、興味の尽きない内容でした。
2012031601.jpg

2012031602.jpg
全ての部署の試みが、看護部全体の質向上に繋がります。
発表のための取り組みでなく、継続してより発展させるような気持ちで今日の感動を未来に繋げていきたいと思います。

                           看護管理室  家近美雪
  1. 2012/03/23(金) 10:36:05|
  2. 発表会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

TQM発表会の開催 - 2012/2/25 -

第7回を数える佐藤第一病院TQM発表会を開催しました。
今回は「チーム力の発揮」が院長よりの課題。
職種を超えて活動したチーム、委員会で活動したチーム、部署&部署のコラボレーションなどの14のチームが発表を行いました。
今年から医局の参加もあり、質疑応答も活発に行われ、会場は大いに盛り上がりました。

TQM発表会
TQM発表会

<受賞サークル>
金賞 3病棟   「Heart place 3B・ニュートリートでラブ注入」
銀賞 3病棟助手 「助手’s・チーム力全開 ~助手ユニット始めました~」
銅賞 リハビリテーション部:急性期「Team Sato・看護師との情報共有の向上」
評議員特別賞 医療機器・物品管理委員会
「BUPPIN'S・物品管理の見直し~物がないなんて言わせない!!~」

TQM発表会
TQM発表会

患者さまを中心にしたチーム医療に取り組む上で、「既成概念」の打破を達成したチームが上位入賞しました。
TQM活動が当院の医療の質・患者さまサービスの向上に欠かせない事を改めて認識した一日でした。

                 TQM事務局長 リハビリテーション課長 小野




  1. 2012/03/05(月) 08:41:24|
  2. 発表会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ