FC2ブログ

佐藤第一病院

特定医療法人 明徳会 佐藤第一病院

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

スポーツ救護員として高校総体に参加

北部九州高校総体が7月31日から開催され、県北地区では中津のバスケットボール競技女子、豊後高田市でカヌー競技が行われました。
201308281.jpg
私は、救護員として初めて8月2日のカヌー競技500m準決勝・決勝に参加しました。
猛暑の中、当日まで熱中症患者の発生が予想され、天候や気温がとても気になりました。
当日は気温30℃以上となりましたが、風があったため(選手にとっては悪影響)熱中症にかかる方はいらっしゃいませんでした。
しかし、会場には47都道府県の選手用テントがあり、テント内で気分不良を我慢している生徒もいるため、救護所スタッフ(医師,保健師,消防署員,市職員)と連絡を取り合いら選手や応援者の見回りなどの活動に努めました。
201308282.jpg

前日より体調不良を起こしている2年生の選手、当日の準決勝戦では先輩とカヤックペアで参加しなければならない、「自分が棄権すれば3年生の先輩も棄権しなければならない」と救護室から直接競技へ参加していく、といったケースもありました。
救護員の立場からは無理をしてほしくないが、選手や監督の試合にかける想いに寄り添いながら判断しなければならない難しさを実感しました。
大会には豊後高田市役所をはじめ、地元の高校生や先生方など多くの方々が協力しながら選手や応援者を支援しており、選手の競技だけでなく、支援者のチームワークのよさに感動しました。
皆さん大変お疲れ様でした。
特に保健師さんには大変お世話になりました。ありがとうございました。

                3病棟 井ノ口誠二

スポンサーサイト
  1. 2013/08/28(水) 08:09:49|
  2. 催事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

脳のシステムについて 研修会の実施

8月3,4日に大阪府にある千里リハビリテーション病院でご活躍されている吉尾雅春先生をお招きし、当院にて研修会を開催しました。
両日とも参加者は80名を超え、会場内は熱気で溢れていました。
講義内容は脳のシステムについて実際の画像や症例を用いながら説明していただき、私達が臨床で担当している患者様と照らし合わせながら振り返りもできる内容でした。
また、ADL練習などもその患者様にとって意味ある具体的な課題を実際に近い環境で毎日繰り返すことが重要ということから、患者様本来の生活空間に適したリハビリを提供し、より充実した日常を送れるようアプローチを行なう事が必要だということを感じました。
脳画像から予後予測を行う事は十分にでき、患者様の症状と介入方法を適合させていくことでADL・QOL向上に結びついていくことが分かり、また、私達セラピストが患者様の今後の人生の鍵を握っており、もっと臨床に力を入れなければと再認識できる講義内容でした。
20130820.jpg

この研修会を通じて患者様自身の症状のみならず、脳画像などのデータも十分に把握し、その患者様に適したアプローチを提供できるよう精進していこうと思いました。                                 
  
         リハビリテーション部
  1. 2013/08/19(月) 17:19:44|
  2. 研修
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

E-Quality MEETING in 宇佐

去る6月24日、ホテルリバーサイド宇佐にて、千葉先生(大分大学医学部 助教)が、「最近の糖尿病治療の動向」と題して特別講演され、当院姜副院長が座長を務めました。
糖尿病の治療では、5つのポイント
1.食事・・・低炭水化物の物を摂取する
2.運動・・・余暇を利用して運動する(激しい運動を毎日しなくても良い)
3.行動・・・体重記録をつける(日内変動で型が解る)
4.薬剤・・・BG剤中心
5.外科的処置・・・スリープ状胃切除術

20130808.jpg

日頃、体重の記録を患者さんに勧めているのは、単に意識付けだけではなく、その患者さんの型(高脂肪型、高塩分食型など・・・)を理解し、指導するためでもあるのだと実感しました。
また、大分県は恵まれていて、大分大学医学部付属病院にて外科的に手術も可能であることや当院からの患者も手術を受けていることを知り、身近に感じました。
大変解り易い解説で、非常に参考になりました。

   外来課長
               
  1. 2013/08/08(木) 08:23:21|
  2. 講演
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「仕事と家庭の両立支援」事例発表

7月17日(水)、大分労働局で開催された「平成25年度大分労働局雇用均等行政推進会議」において、当院の「仕事と家庭の両立支援と男性育児休業取得の取り組み」について発表を行いました。
当日は大分県経営者協会、大分銀行 他15名程度の委員の方、労働局の方々が出席していました。
当院は平成19年より仕事と家庭の両立支援事業等に参加しており、今回の発表では病院内規程の整備や有給休暇取得促進に向けた取組、管理職・職員向けの当院の制度や社会保険等の経済的援助等をまとめたパンフレットの紹介などを行いました。
20130807.jpg

当院での有給休暇取得制度や育児休業・介護休業取得等を職場全体で理解し支援していることにとても感心を示して頂きました。
人材確保・定着化を図るため、今後も両立支援を進めていきます。

                                人事課長
  1. 2013/08/06(火) 16:07:19|
  2. 発表会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。